鶴田吾郎/木版画/新版画/販売/買取/鑑定/ぎゃらりーおおの/愛知県名古屋市

鶴田吾郎
(kikugawa eizan)
鶴田吾郎(1890〜1969)東京出身。白馬会洋画研究所に入門し、さらに太平洋画会研究所に移って中村不折に師事して油絵を学ぶ。1915年(大正4年)に川端龍子とともにスケッチ倶楽部を創設し1917年に版画集『スケッチクラブ画集』(高坂栄之助摺)を出版、通信教育の講義録を担当している。第2回の帝展に「盲目のエロシェンコ像」が入選する。これ以降、帝展、文展及び日展において活躍した。文展では審査員を務めた。また、1926年(大正15年)頃から加藤版画店から「九十九里の漁夫」など新版画の作品を発表している。
HOMEへ取扱作家へ 鶴田吾郎の木版画/高価買取


鶴田吾郎
名古屋城 昭和11年
摺り・優良 保存・優良  42cm×30cm
80,000円
※加藤版 比較的でない珍しい作品です


他にも在庫多数在り! お気軽にご連絡を!!
戻る 画像詳細ご希望の方はお気軽にご連絡を!