中原淳一/木版画/新版画/販売/買取/鑑定/ぎゃらりーおおの/愛知県名古屋市

中原淳一
(nakahara junichi)
中原淳一(1913〜1983)18歳の時、趣味で作ったフランス人形が認められて東京の百貨店で個展を開催。それがきっかけで雑誌『少女の友』の挿絵、口絵、表紙絵、付録等を手掛けるようになり、一世を風靡する人気画家となる。 竹久夢二に強い影響を受け太平洋戦争後は、女性に夢と希望を与え、賢く美しい女性になってほしいとの理想に燃え、自分の雑誌『それいゆ』(1946年)や『ひまわり』(1947年)や『ジュニアそれいゆ』(1954年)、『女の部屋』(1970年)を相次いで創刊。編集長として女性誌の基礎を作っただけでなく画家、ファッションデザイナー、スタイリスト、インテリアデザイナー、人形作家など多彩な才能を発揮。その全ての分野において現代につながる先駆的な存在となった。
HOMEへ取扱作家へ 中原淳一の木版画/高価買取




中原淳一
むすび文 昭和前期
摺り・優良 保存・良 約37,8cm×26,2cm
裏ややヤケ、余白やや難
45,000円




他にも在庫多数在り! お気軽にご連絡を!!
戻る 画像詳細ご希望の方はお気軽にご連絡を!