小村雪岱/木版画/新版画/販売/買取/鑑定/ぎゃらりーおおの/愛知県名古屋市

小村雪岱
(komura settai)
小村雪岱(1887〜1940)明治37年(1904年)、東京美術学校日本画科選科入学。下村観山教室にて古画の模写、風俗考証を学ぶ。在学中に泉鏡花に出会い、雪岱の雅号を与えられる。大正3年(1914年)、泉鏡花の『日本橋』の装幀を行ない、以後多くの鏡花作品を装幀、木版多色摺りによる挿絵の仕事を手がける。画風は鈴木春信の影響をベースにしつつ、幕末の退廃的な浮世絵、近代の日本画、デザインを取り入れ独特な世界感を生み出す。
HOMEへ取扱作家へ
小村雪岱の木版画/高価買取


小村雪岱
深見草 昭和17年
摺り・極良 保存・極良 約27×39cm
100,000円
※高見澤版



小村雪岱
灯影(櫻蔭) 昭和14年
摺り・極良 保存・極良 約38cm×26cm
お問い合わせください
※右側の余白に枝の摺り残しがあります。非常に早い時期の摺りと見受けられます。高見澤版


他にも在庫多数在り! お気軽にご連絡を!!
戻る 画像詳細ご希望の方はお気軽にご連絡を!
>