伊東深水
(ito shinsui)
1898〜1972、東京出身。中山秋湖に日本画を学び、1911年鏑木清方に入門。早くから才能が認められ、美人画の大家として今でも根強い人気を博す。1916年頃から新版画運動に参加し150点ほどオリジナルの版画を制作。これらの作品は浮世絵に連なる作品として世界的に高い評価を受けている。美人画を主とするが初期の風景版画は川瀬巴水に多大なる影響を与える。弟子に挿絵画家として一斉風靡した岩田専太郎がいる。
HOMEへ取扱作家へ 伊東深水の木版画/高価買取


伊東深水
こたつ 昭和6年
摺り・極良 保存・良  42cm×28cm
余白しみ
80,000円
※特別撰版




伊東深水
十五夜 昭和6年
摺り・極良 保存・極良  42cm×28cm
180,000円
※限定250



他にも在庫多数在り! お気軽にご連絡を!!
HOMEへ取扱作家へ戻る 画像詳細ご希望の方はお気軽にご連絡を!