橋口五葉/木版画/新版画/販売/買取/鑑定/ぎゃらりーおおの/愛知県名古屋市

橋口五葉
(hashiguchi goyo)
橋口五葉(1880〜1921)鹿児島県生まれ、夏目漱石の知遇を得て、橋口五葉は「ホトトギス」並びに単行本の装丁を担当した。大正に入り浮世絵研究家としても知られるようになり、浮世絵研究を重ねると共に、版元渡辺庄三郎の勧誘を受けて、自ら版下絵を描き、彫師・摺師と共に木版画制作を行うといった「新版画」運動を展開。その最初の作品が1915年の「浴場の女(浴後裸体女)」となった。生前完成作品数は13点と極めて少なく、そのどれもが国際的にも高い評価を得ている。浮世絵研究家としては主に歌麿や広重などを好み、自ら彼等の復刻版画を制作した。
HOMEへ取扱作家へ
橋口五葉の木版画/高価買取


橋口五葉
神戸之宵月 大正9年
摺り・極良 保存・並  28cm×45cm
余白補修 小やけ
130,000円

橋口五葉
手拭持てる女 大正9年10月
摺り・極良 保存・優良  45cm×30cm
背景小シミ
お問い合わせください




他にも在庫多数在り! お気軽にご連絡を!!
戻る 画像詳細ご希望の方はお気軽にご連絡を!