吉田博/木版画/新版画/販売/買取/鑑定/ぎゃらりーおおの/愛知県名古屋市

吉田博
(yoshida hiroshi)
吉田博(1876〜1950)久留米市生、小山正太郎に師事。明治美術会へて太平洋画会創立に参加、晩年同会会長。油彩、水彩とともに木版画260点余製作。不同舎の同門青木繁や坂本繁二郎に先駆けて世に認められ、文展の審査員を歴任するほど高い評価を受けるがあえて版画に新天地を求めた。渡邊版画店で学んだ後、自摺に拘る製作過程はある意味で創作版画の範疇にも入る。いまでは彼の木版画は世界的な評価を受けている。彼の子息である吉田遠志、吉田穂高も優れた版画家となる。
HOMEへ取扱作家へ 吉田博の木版画/高価買取


吉田博   大正15年
日本アルプス十二題の内 約28cm×41cm
 雷鳥とこま草
自摺
摺り・優良 保存・優良 
お問い合わせください


吉田博   昭和2年
日田筑後川の夕 約28cm×41cm
自摺
摺り・優良 保存・優良 
150,000円



他にも在庫多数在り! お気軽にご連絡を!!
戻る 画像詳細ご希望の方はお気軽にご連絡を!