戸張孤雁/木版画/創作版画/販売/買取/鑑定/ぎゃらりーおおの/愛知県名古屋市

戸張孤雁
(tobari kogan)
戸張孤雁(1882〜1927)東京出身。1901年に孤雁渡米、油絵、挿絵を学ぶ。渡米中、萩原守衛と親交を深める。1910年、守衛死後、孤雁は意志を継ぐかのように彫刻を制作。一方で版画制作にも傾倒する。1918年に日本創作版画協会の設立発起人になり、1922年に「創作版画と版画の作り方」を刊行、創作版画の普及に力を入れた。
HOMEへ取扱作家へ 戸張孤雁の木版画/高価買取
















他にも在庫多数在り! お気軽にご連絡を!!
戻る 画像詳細ご希望の方はお気軽にご連絡を!