勝川春章/浮世絵/版画/販売/買取/鑑定/ぎゃらりーおおの/愛知県名古屋市

勝川春章
(katsukawa shunsho)
勝川春章(1726〜1793)明和年間から活躍、役者絵を得意とし、「東扇」の連作は写楽などでよく目にする役者の顔をクローズアップした「大首絵」の先駆的作品といえる。画風は役者の特徴、特に顔の表情をを如何なく発揮し役者絵というジャンルを確立した人物ともいえる。以後勝川派は主流となり勝川春朗(後の北斎)勝川春好、勝川春英、勝川春紅、勝川春潮、勝川二代春章など高弟を育てる。
HOMEへ取扱作家へ 勝川春章の浮世絵版画/高価買取



勝川春章
二代中村助五郎  安永頃
摺り・優良 保存・優良  約30cm×15cm
150,000円



他にも在庫多数在り! お気軽にご連絡を!!
戻る 画像詳細ご希望の方はお気軽にご連絡を!