平塚運一/木版画/創作版画/販売/買取/鑑定/ぎゃらりーおおの/愛知県名古屋市

平塚運一
(hiratsuka unichi)
平塚運一(1895〜1997年)島年県出身。石井柏亭の洋画講習会がきっかけとなり、1915年(大正4年)に上京してデッサンに励み、さらに版画技術を会得。1916年(大正5年)には、二科展に版画作品が入選し、日本美術院展には油彩作品と水彩画作品が入選した。1927年(昭和2年)から棟方志功らを指導し、1928年(昭和3年)には棟方や畦地梅太郎とともに雑誌『版』を創刊。1930年(昭和5年)には国画会の会員となった。1962年(昭和37年)には渡米して、活動拠点をワシントンD.C.に移し、アメリカ各地で個展を開くとともに版画の普及に努めた。1991年には須坂市に須坂版画美術館・平塚運一版画美術館が開館した
HOMEへ取扱作家へ 平塚運一の創作版画/高価買取


恩地孝四郎
大東京新景版画集 昭和4年〜5年
孔雀
摺り・極良 保存・優良  20cm×30cm
40,000円
※共帙 



他にも在庫多数在り! お気軽にご連絡を!!
戻る 画像詳細ご希望の方はお気軽にご連絡を!